HOME 地域リハビリテーションとは 活動状況 各支援センター 研修会用等マニュアル 公演会のご案内

鹿本地域リハビリテーション広域支援センター
山鹿温泉リハビリテーション病院

 

施設名 医療社団法人木星会山鹿温泉リハビリテーション病院
住 所 〒861-0514 山鹿市新町1204番地
電話番号 0968-43-4151(代)
FAX番号 0968-43-4153
ホームページアドレス http://www.yamaga-reha.jp
メールアドレス chiiki-reha@yamaga-reha.jp
担当者名 木原 伸一(理学療法士)

 

今年度も、当支援センターは鹿本地域リハビリテーション連携推進会議や、鹿本地域在宅ケアネットワークを推進するためのシンポジウムを開催し、各関係機関のネットワーク作りに取り組んだ。

<当センターの概要>
 (医療法人社団木星会 山鹿温泉リハビリテーション病院)
 熊本県北部、山鹿市に位置し、病床数101床を有するリハビリテーション専門病院。
 医師 1名、PT 15名、OT8名、ST3名、MSW 3名、介護支援専門員 2名、臨床心理士1名、事務 1名 を中心に活動。

 



<平成23年度の当センターの主な活動>


1、「市町村等が行う介護予防事業への実施状況」 人的支援⇒ 73件

平成23年4月~平成24年3月  内容:理学療法評価・相談対応

  特定高齢者施策         回数:32回

                     対象者:特定高齢者(総計355名)参加人員4名

                     主催者:山鹿市主催(広域支援センターで事業受託)
2、「相談対応」 ⇒ 出張相談70件、電話相談2件、面接1件
3、「鹿本地域リハビリテーション連携推進会議」の開催(3回)
4、研修会等の開催⇒ 介護教室の開催、リハビリテーション研修会の開催
5、「平成23年度鹿本地域在宅ケアネットワークを推進するためのシンポジウム」の開催     6、「支援センター活動ニュース」の発行 発行数3回
7、「鹿本失語症友の会」の開催(月1回)8、「いきいきタオル体操」の普及活動9、「山鹿市介護予防ファイル作成・普及への協力」ボランティア10、「いきいきタオル体操指導員養成講座」への協力

<平成23年度に開催した研修会>

介護教室 (H24.9.16)
テーマ:「食事についてもう一度考えよう」 ~嚥下障害のメカニズムと最適な食事介助方法~
講 師:当センター 今村友美(ST)、廣光健太郎(PT)  
参加者: 21名(介護士、看護師、ヘルパー等)
全体研修会(H24.1.20)
テーマ:「脳卒中片麻痺に対する治療戦略」  ~促通反復法をどう用いるか!~
講 師:鹿児島大学病院 霧島リハビリテーションセンター 野間知一先生(作業療法士) 
参加者: 178名
(理学療法士・作業療法士・言語聴覚士、看護師、介護士、MSW、 等)

 

<平成24年度の事業計画>

1、介護予防事業所等の支援

・研修会の開催 年3回

・リハビリテーション等に関する相談支援

・介護予防関係機関との連絡会の開催 年3回

 

2、市町村介護事業への効果的な支援

・特定高齢者通所事業における評価と相談対応

3、その他

・鹿本地域リハビリテーション連携推進会議に関すること

・鹿本地域在宅ケアネットワークの推進に関すること

・情報誌の発行

・いきいきタオル体操の普及

・失語症友の会への支援