冠動脈インターベンションの進歩で、心筋梗塞の原因となった閉塞した冠動脈の血流を早期に改善させることが可能となり、救命率は向上しました。しかし、冠動脈インターベンション治療のみでは、その後の再発を予防し、身体的・精神的の健康を回復させて社会復帰するには十分ではありません。運動習慣、食事、生活習慣を根本的に見直し、健康回復・増進の方法を学び体験しながら、生涯にわたって、それを継続でき るように動機付けをするのが「心臓リハビリテーション」の目的です。この取組みは、主に回復期医療機関 で行われており、「外来通院リハビリ」と「入院リハビリ」があります。
 
受診される前に電話で医療機関にご確認下さい。
以下の医療機関以外でも、急性心筋梗塞の回復期の治療を行っている医療機関はあります。
 

【熊本圏域】      
熊本大学医学部附属病院
熊本赤十字病院
済生会熊本病院
朝日野総合病院
菊南病院
熊本機能病院
熊本地域医療センター
熊本中央病院
熊本循環器科病院
江南病院
桜十字病院
杉村病院
青磁野リハビリテーション病院
田上病院
鶴田病院
西日本病院
平山ハートクリニック
御幸病院
竜山内科リハビリテーション病院
聖ヶ塔病院
 
【有明圏域】      
荒尾市民病院
荒尾中央病院
公立玉名中央病院
藤枝医院
 
 
【鹿本圏域】      
三森循環器科・呼吸器科病院
 
 
【菊池圏域】      
国立病院機構 熊本再春荘病院
菊池郡市医師会立病院
熊本リハビリテーション病院
西山医院
 
 
【阿蘇圏域】      
阿蘇医療センター
 
 
【八代圏域】      
熊本労災病院 熊本総合病院    
【芦北圏域】      
国保水俣市立総合医療センター
 
 
【球磨圏域】      
公立多良木病院
人吉医療センター
 
【天草圏域】      
上天草総合病院
天草地域医療センター
 

心臓リハビテーションとはどんな治療?
 
   「心臓リハビリテーション」とは、単に運動療法のみを意味するものではなく、医学的な評価、運動の処方、冠(動脈)危険因子の是正、教育及びカウンセリングからなる長期的なプログラムです。
 また、心筋梗塞など心疾患患者の身体的、精神的負担をできるだけ軽減し、突然死や心筋梗塞再発の危険性を是正し、自覚症状を調整し、動脈硬化進展を抑制・改善させ、心理的負担を軽くし、社会復帰を促進するこ とを目的として計画されるものです。
 
     
心臓リハビリテーションにはどんな効果が期待できる?  
   医師、理学療法士、看護師、薬剤師、栄養士、ケースワーカーなど各職種の専門家がチームを作り、心臓リハビリテーションのプログラムを作成し、実行します。
 身体的効果として、運動耐容能(体力)の改善、自覚症状の改善、冠動脈病変の進行改善、血管内皮機能や自立神経機能の改善、冠危険因子の是正などがあります。
 また、精神的効果として、発病後に半数以上の方が合併する不安やうつ病を減らし、生活の質(QOL)の改善がみられます。